赤ちゃんのアトピーを防いであげよう|清潔な環境を整えよう

湿疹ができたら

乳児

赤ちゃんの肌は敏感

乳児湿疹は、その原因や症状などは様々で、それによってケアの方法も変わります。赤ちゃんの肌は大人に比べて薄く、敏感なので、トラブルも起こりやすいです。乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんが経験するとも言われています。原因は、おむつかぶれやあせも、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などがあります。生後2週間位の時期から湿疹ができやすくなりますが、1歳から2歳になる頃には自然に治ることが多いです。しかし、何が原因で乳児湿疹の症状が出ているかは判断が難しいので、改善する様子がなかったり、悪化している場合には、病院で診察をしてもらう方が良いでしょう。普段から赤ちゃんの肌の状態をよくチェックしておくことも大切です。

症状を和らげるには

乳児湿疹の原因が新生児ニキビの場合は、思春期にできるニキビと同じようなブツブツが、顔全体に広がるという特徴があります。そのような症状がでた場合には、お風呂に入れる時に、顔をよく洗ってあげましょう。赤ちゃん用の石鹸などを泡立てて、やさしく洗うのがコツです。洗い流す時には、ガーゼを使って皮脂を落とします。あせもの場合は、首の周りやおしりなどの汗をかきやすい部分に湿疹ができます。赤ちゃんが爪で引っ掻いてしまうと、とびひの状態になってしまうので注意が必要です。あせもはこまめに服を着替えさせることで、症状を和らげることができます。特に、赤ちゃんは眠っている時には汗をかきやすいので、布団をかけすぎないなど注意しましょう。