赤ちゃんのアトピーを防いであげよう|清潔な環境を整えよう

乳児の皮膚炎を治療する

親子

皮膚が薄い赤ちゃんの肌は刺激に弱いので、アトピーになる確率が高く、肌が荒れることが多いです。赤ちゃんのアトピーを治すには、患部のかゆみを抑えるのが治療の第一歩になります。肌をかいてしまうと皮膚を傷めて余計にアトピーの状態が悪化するので、治療を行う際にはかゆみを抑えることから始めます。かゆみを抑えるには塗り薬や飲み薬を使用するのが重要で、お風呂の後にはかゆみが強くなるため注意します。かゆみを抑えることができたら、赤ちゃんがアトピーになっている原因に合わせて治療します。食べる食材によってアレルギーを起こしている場合には、アレルギーを起こす原因になっている食材を突き止めます。赤ちゃんは卵や牛乳によってアレルギー反応を起こすことが多いため、そういった食材は慎重に食べさせましょう。

赤ちゃんは生後半年を経過すると、ダニが原因でアトピーになることがあるため、ダニの駆除は大切です。部屋を清潔に保つことはもちろん、布団や下着にも注意して、ダニのいない環境を整えてあげる事が好ましいです。最近では赤ちゃんのアトピーを治す際に漢方薬を使用する人が多く、赤ちゃんの免疫力を高めることによってアトピーを改善させます。漢方薬は医薬品と比べて副作用が少ないため、免疫力の低い赤ちゃんが使用しても安全です。漢方薬の他にも赤ちゃんのストレスを解消させたり、患部を海水につけてアトピーを治療する方法があります。アトピーの状態が悪い時にはステロイド剤を使用することが多いですが、症状が改善してきたら効果の弱い塗り薬に切り替えていきましょう。

湿疹ができたら

乳児

乳児湿疹には、様々な種類があります。あせもや食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などが原因になっていることがあります。湿疹がひどくなったり、症状が続くようなら、病院に行って医師の指示を受けることが必要です。

もっと知ろう

赤ちゃん用品を借りる

赤ん坊

ベビー用品はレンタルをすれば、購入するよりも安く手軽に使用することができる場合もあります。ベビー用品のレンタルで気を付けたいのは、ネットなどを介する場合は往復の送料などを入れた値段で借りるということを考えなければいけません。

もっと知ろう

短期間しか使わないなら

ベイビー

負担を減らすならば、チャイルドシートはレンタルしたほうがいいといえます。除菌をきちんとしている業者などがいますので、選ぶことを忘れてはいけません。状況によっては、チャイルドシートがレンタルできなくなる可能性もありますので、早めに予約しておくとよいです。

もっと知ろう